Do Androids Dream of Electric Sheep?

自由気儘に好き勝手な事を綴ります。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/01(Sun)

さっちゃん

さっちゃんはね、バナナが大好きほんとだよ。
だけど、ちっちゃいからバナナを半分しか食べられないの
可哀相ね、サッちゃん

この歌は怖いイメージがあるけど、オレのトラウマでもある。

昔、トイレの花子さんっていうアニメがあった。
チューリップを幽霊にぶつけて倒すという、ヒーローアニメである。


そのアニメでね、さっちゃんの歌を聴くと、その夜に寝ている時、さっちゃんが来て
手足を持っていくという話があった。
バナナの絵を枕元に置いていたら、手足は持っていかれないらしいんだけどね。

でも、バナナの絵とか置かないじゃん。
じゃあ持ってかれるじゃん。オレの手足。

さて、どうするか?
小学生ながら導き出した答えが、
『布団を首まですっぽりかぶって、手足を出さないようにして寝る。』
これで大丈夫とか思いながら、オレは毎日おびえながら寝たものだよ。

たぶん10年ぐらいは、手足を出して寝たことはなかった。
どんなに暑くても、薄いガーゼをかぶって寝てた。
一日たりとも、欠かすことなく。
ビビりすぎだろ…

なんでこんなこと書いたかというと、
昔のトラウマで、さっちゃんの話があって以来、手足を出して寝られなくなったという、
オレと全く同じ考えの持ち主がいたからである。
子供とは考えが単純なのか、ここまで同じ人がいるとは…
世の中恐ろしいね。そして、このさっちゃんの話も、やっぱり恐ろしかったんだね。


でも、どうしよう…
また、さっちゃんの歌を思い出しちゃったよ。


さっちゃんはね、バナナが大好きほんとだよ。
だけど、ちっちゃいからバナナを半分しか食べられないの
可哀相ね、さっちゃん

henyo
スポンサーサイト
2013/08/14(Wed)

ワールドウォーZ

ひっさしぶりに映画観た。
「ワールドウォーZ」ブラピ主演のゾンビ映画。

いや、あれね。最近はゾンビ熱が世界で再燃してきた様な気もするけど、
今作はB級になりがちなゾンビ映画を、A級にしてみたらって映画。
だから、やばいよ。
正直、初めてゾンビが怖かった。
そして、アクション映画って立ち位置なほどのアクション。

ラストオブアスを映画化した感じ。
いい意味でね。クリッカーの恐怖感が伝わってくる。
ゲームっぽいって感じたし、所々B級感を残してたし。
それでもA級な映像だったね。

あと個人的に、ラストがテンプレ化してきたゾンビものに、少し新しい感じの終わり方を観た。
だから今作は満足だな。映画館映えするものだったし。
まぁどれぐらい面白かったかというと、この3日あんまり寝てないオレが、
まったく眠くならないぐらい面白かった。
映画の予告らへんはウトウトしていたのに、開始5分ぐらいから一気に目が覚めるよ。

まぁ映画としての完成度とか、細かなところを挙げれば完璧な作品ではないけど、
ノンストップ感と、退屈させない異常な展開は一見の価値ありですな。

henyo
2013/02/27(Wed)

本当は「い」るんだよ

夜、風呂で髪を洗ってたら、女の人が横からずっと覗き込んでる。
こんなことを以前のブログに書いたら、怖くて風呂に入れない、
髪が洗えないと、多くの苦情をいただきました。

そう、あれを書いた夜、実はこんなことがあったのです。


夜、髪を洗っていたら、フと背後に気配を感じました。
でもシャンプーが髪についているため、目を開けられません。

どうしようもないまま、髪を洗い続けていたら、
その気配は右側からすすすーーーっと、頭に近づいてきました。

本当はシャンプーを洗い流して、振り返りたいのですが、
そうするヒマもなく、どんどん近づいてきます。
その気配は、もう私の右肩の上に乗るほど近づいていました。

しかし、その気配は右肩の上で何をすることもなく、
わずか数cmの距離で、じっと私のほうを見つめています。
まるで恨めしいかのような目で、ずっとこちらを見ていました。


こういうことがあったのです。
いや、正確にはこういう想像をしてしまったのです。
これを考え始めたら、どうしようもありません。

え?本当にいるんじゃね?
右肩に手を置かれたら、どうしよう?
髪を一生洗い続けるしかないんじゃないか?
もう止まりません…
次の行動を起こせなくなっちゃいます。

で、フと思いました。
どうして、そこで想像をやめるんだろう?

続きを考えればいいのです。


「オレの右肩に乗るな!!」
そう叫びながら、オレは拳を右肩後方に振り上げた。
「ぐああああああああああ」
断末魔のような声をあげながら、その気配は後ろに吹っ飛ぶ。
「ど、どうして分かったんだ…」
「甘いな。三大瞳術が1つ、白眼には死角なんてないのさ!!」
「ちくしょーー。おぼえてろーーー。」

ほら、髪を洗い終えましたよ。
めでたしめでたし。
でも覚えてろってことは、また来るかもしれませんね。
次は写輪眼を開眼しときましょうか。

henyo
2012/09/13(Thu)

死霊のはらわた2

サム・ライミ監督第2弾。
依然観たホラー映画の続編です。
ストーリーはほぼ一緒。

前作でヒットしたので、スポンサーがついて、今回はちゃんとした予算で映画を撮れたらしいです。
前作の低予算映画とは変わり、CGとか使っています。
カメラワークは相変わらず、面白い。
メイクも前作より良くなっている。
過激度も増した気がします。

でも、何かを忘れてきたような…

いや、面白いんです。
確かに面白いんですよ。
でもやはり、前作の衝撃には及ばなかったんです。
これが、続編の宿命というやつなんでしょう。

続編の在り方、パターン性がありますよね。
前作と路線は変わらないが、パワーアップしているもの。
完全に別物を作り、名前だけ借りているもの。
しかし基本的に映画では、続編のほうが面白くなることは無いと言われています。

その中でもホームアローンと、ゴッドファーザーだけは2の方が面白いとか、
そうでもないとか、いろいろ言われます。
人の感じ方ですからね。人それぞれ当たり前です。

たぶん2の方が面白いものなんて、いくらでもあるんだと思います。
ただ1は、それまで無かったものを開拓した、だからこそ素晴らしいと言われる。
そして2は、1の路線に乗っかって作っただけだ、だからこそ1は超えられなかったと言われる。
もし2を先に、1を後に出していたとしたら、2が素晴らしい作品だと言われるんでしょう。

続編には鑑賞者それぞれの、色眼鏡がかかります。
それを打ち壊すのは難しい。
1で体験している分、パワーはどうしても劣ってしまいます。
だったら続編など作らず、すべて単体で出せばいいじゃないか。
ファイナルファンタジーなど作らず、オリジナルソフトとして売り出せばいいじゃないか。

でもやっぱり、続編に期待してしまうんですよね。
それが私たち人類の性です。

henyo
2012/08/24(Fri)

死霊のはらわた

死霊のはらわたってw
題名なんだよそれw

とか思ってませんか?
べ・・別に、オレは思っていませんでしたよ。

よく聞く名作ホラーとして、観てみたんですが、
監督がなんとサム・ライミさん。
今となっては有名なスパイダーマンの監督さんの、初めての監督作だそうです。

これが・・・はじめてかよ・・・

これを撮るということは、性格がひねくれてるのか、
それまでのホラーに物足りなさを感じていたんでしょうね。

とにかく、すごい。今ではこんな映画はない。
絶対に撮れない。はじめて観ました。
B級ホラーの傑作でしょうね。
ここまでやるかと、題名の通りです。

雰囲気が怖いし、何あいつら…って感じになりますよ、絶対。

そして特殊メイクが、やばいです。メイクなのかあれ?って感じです。
特殊メイクってすごいですよね。現実のものとしか思えない程のものを作り上げますよね。

現在だったら精巧すぎて、見分けがつかないでしょうに。
それなのに、そんなにすごい技術を持っているのに、どうして現在の映画はよく見せないんでしょう。

いっつも思うんですが、ホラーってどうして画面暗いんですか?
暗すぎません?何起こってるか、分からないんですけど。
メイクがすごいなら、暗くする必要ないじゃないですか。
よく見えてもバレないほどにスゴいんですから。

この映画も画面が全体的に暗いんですが、(ホラーなので当たり前ですが)
人物などにはしっかりとスポットが当たっています。
よく見えます。しっかりと見えます。何が起こっているか分かります。

当時のメイク技術はどうか知りませんが、これぐらいのメイクで十分じゃないですか?
この映画のメイク完璧ですよ。
怖いし、ヤバいし、グロイし。
映画は見せてなんぼです。

よく分からないホラーはいりません。
はっきりと何が怖いのか認識させるホラーを欲します。

henyo
次のページ>>

プロフィール

LOKI&henyo

Author:LOKI&henyo
更新頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
animation (24)
diary (129)
game (45)
information (6)
movie (13)
yu-gi (2)
action (10)
SF (5)
mystery (3)
drama (9)
comedy (3)
serious (3)
horror (6)
draw (3)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。