Do Androids Dream of Electric Sheep?

自由気儘に好き勝手な事を綴ります。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/19(Tue)

零~紅い蝶~

ホラーゲームやりました。
カメラに幽霊をおさめて成仏させる和風ホラー。
ゼーロー
夜のニュースじゃないですよ。

今回は2作目らしく、前のやつはやってないのですが、操作性がいいと聞きこっちをやりました。
いや、ホラーってもね、やっても怖いだけだし、やる必要ないけどね。
14ぐらいの女の双子がキャッキャウフフするゲームでした。
いや、それを眺めてキャッキャウフフするゲームでした。
冗談ですよ?

舞台は忘れ去られた日本のどこかの村。
そこには昔からのしきたりがあり、それに巻き込まれるといったもの。
雰囲気がとにかく怖いです。
ずっと夜、明けない夜。
そんな松明しか光源が無い村をさまようゲームでした。

相手は幽霊で射影機と呼ばれるカメラで、撮影して倒すゲーム。
操作はFPSやってたら簡単でした、ザコ敵だったらむしろカメラ構えて向かっていくぐらいのもの。
でも怖いですよ。
いきなり幽霊出てくるし、ずっとイヤなBGM流れてるし。
途中見えないアイテムを拾って効果音が流れたら、体がビクッてなります。

とこんな感じで怖さを満喫してたんですが、幽霊のいる方向を向いてたら反応するメーターがあるんです。
画面の右下に。
これのせいで怖さは半減してしまったかもしれませんね。
クルリと一周見渡せば、幽霊いないこと確認できるし、
プレイ中も画面見ずにメーター見てたりしてしまってました。
だから慣れてきた中盤以降はだんだん怖くなくなってきてました。
怖さや雰囲気に慣れてくる、これはいかなるゲームにおいても強敵かもしれないです。

しかーし
ここで終わらないのが、ゼーロー

中盤過ぎぐらいに人形を作っていたであろう屋敷のステージになるんですが、
ここが怖い、マジで怖い。
今までの慣れをぶっ飛ばす程に怖いです。
そしてうまいと感じさせてくれます。

定点カメラ(バイオ1のような)ですので、周りが良く見渡せないことがあるんですが、
廊下を歩いていたら、いきなり目の前に誰か立ってるんです。
今までは幽霊感知メーターがあるから、気兼ねもなく廊下を走ってたのですが、
人形だからという名目でいきなりこんな事してきます。
これにはビビりました…

それに窓から外が眺めれるようだと、カメラを構えるように仕向けておきながら、
いざ構えるといきなり子供が現れるとか…
誘導のしかたが巧いです。
プレイヤーにこうするように暗示させといて、そこに何かを持ってくるという。
それは強制じゃないし、プレイヤーの意思なんです。でもハメられた感がスゴイ。

ホラーとか散策するゲームは何すればいいか分からなくなって、めんどくさくなるとかよくあるんですが、
このゲームはそういう誘導もうまかったです。
基本どこに行けばいいのか、何をすればいいのかを分かりやすく、さり気なく教えてくれますし。
それこそ拾った日記などにさり気なく書いてあります。
小さなマップですが、全体を惜しみなく使っている所なども作り込みの素晴らしさを感じました。

とべた褒めですが、まぁ普通におもしろかったって事ですね。
PS2のゲームにしてはグラフィックもかなりスゴイですし、
女の子とキャッキャウフフできますし。(女の子と女の子と、ですよ?)
演出面など、学ぶ所は多かったと思います。

しかし、どうしてあんな怖い村で1人で散策できるんですかね。
自分がああなったらどうしよう…
考えるだけでゾッとしますね。
決して夜の明けない村でさまようなんて…
まぁ、女の子いればいいですけどね~

henyo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://duologue.blog.fc2.com/tb.php/76-085757ce

プロフィール

LOKI&henyo

Author:LOKI&henyo
更新頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
animation (24)
diary (129)
game (45)
information (6)
movie (13)
yu-gi (2)
action (10)
SF (5)
mystery (3)
drama (9)
comedy (3)
serious (3)
horror (6)
draw (3)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。