Do Androids Dream of Electric Sheep?

自由気儘に好き勝手な事を綴ります。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/27(Sun)

寝坊はやめよう

まどマギの映画を見に行く前に、4時間TV放送を観終わった。
早く寝ないと、映画がきつくなってしまうのに…
しかし、いい話だな。よくできたアニメだ。
泣き疲れて眠いよ。


この続編か…難しいだろうな。

魔獣とか全く関係ない話で押すのかな。
個人的にはワルプルギスの夜とは何かが全く分からないから、
次元を超越した存在の行く末とか、前後編と同じ世界で話をつなげてほしいな。
完全なる願望だけど。

おそらく昨日映画を見てきた人は、こいつ何言ってんだと、この文章を笑っていると思う。
そして、笑ってくれるのなら、私はその方がいいな。
楽しみだ。

henyo
2013/10/23(Wed)

リトバス

リトルバスターズの1期がなんか合わなかったから、切ったんだけど、
2期のリフレインは、かなり面白くなるかもしれん。
もともとゲームやってるし、まぁ面白いのは知ってるんだけど…

来ヶ谷さんの話をアニメで、ようやく理解した気がした。
あの話は1周しとかんと意味分からんだろう。
でも、分かったらなかなかの話やったんやね。
次から鈴との話に移るっぽかったけど、1クールで終わるんじゃないか?

やめてくれよ、2クールフルに使っていいから、とにかく面白くしてくれ。

henyo
2013/10/20(Sun)

キルラキル

キルラキルの3話がヤバい。
私はアニメの作画とかスゴさがよく分からんし、
「あー動く動く、スゴイねー。パチパチパチ」ぐらいでしか見てないけど、
今回の戦闘はアニメでしか出来ない表現だろう。

だからスゴイ。素人の目から見てもスゴかった。
やっぱり、だからこそ出来る表現みたいなものを出してきたら、
それは目を引くものになるね。
それが今まで体験したことない表現だとしたら、さらに。


「何のために作っているのか、よく分からん」アニメが最近多いと思っているけど、
これはバカにしているわけじゃなく、必要ないから作るなと言っているわけでもない。
何かね、コンセプトとか言われるやつが伝わってこないから、何がしたいのか分からないという意味。

制作者は何が伝えたくて、作っているんだろうって思う。
だからね、見てるこっちは何にも感じない。
そのコンセプトらしきものが、見てるこっちに押し付けがましく伝わってくるのが、キルラキルかなぁ。

勝手に「豪快」とかそこらへんじゃないのかと、思っているんだが、
あの「キルラキル」のロゴとか、バカにしてんじゃないかってぐらいだけど、作品にマッチしてんだよね。


とは言っても、萌えアニメが無くなったら死んじゃうから、今ぐらいのバランスがいいのかもねぇ。
あ、更新回数が多いときは、レポートめんどくさいって事ですから。お気になさらず。

henyo
2013/09/01(Sun)

キュアなんとか、可愛いなぁ…

なんか先週の日曜日にあってたから、
「プリキュアオールスターズ」って言う劇場版プリキュア観た。

え、普通におもしろいんだけど…

ストーリー的に前回の続編にあたるのかな?
前のやつ観てないけど、よく続きでただのバトルものじゃなくできたもんだ。
敵も強かったし。
バトルも熱かったし。
ああ、もう駄目だって時に駆けつけてくるのは、やっぱり燃えるよね。

ホントに途中の敵がパワーアップしたときは、フリーザ戦の時の絶望じみたものがあった。
そして、この映画は劇場に観に行くべきものだとも分かった。
これこそ、映画館で観るべき作品だね。

「さあ、みんなもライトを振って、応援するクルッ!!」
みたいなことを、役に立たないペットどもが叫んで、
たぶん来場者に配られたサイリウムをみんなで振って応援したら、パワーアップして勝ったぜ的な演出。
いや、バカにしてるようだけど、これは新しい形だと思った。

オレは普段無関心で生きている人間が、本気で一人の応援する場面には弱いんだよ。
クレヨンしんちゃんの嵐を呼ぶジャングルで、アクション仮面を応援する大人たちとか、
サマーウォーズでネットからみんなの思いが集まってくるとことか、
ああいうのはセコイ。
特にサマーウォーズは、リアルでは恥ずかしがってやらないだろうなぁ、とかいう冷めた見かたもせずに、
ああ、ネットだったらみんなやるだろうっていうリアリティも踏まえた名場面に…
話がそれたが

映画館でサイリウム振って応援できる子供たちって、純粋でいいなって事。
オレらも降りたいなぁ…ああいうのマジで感動するからね。
アイマスの劇場版で、みんなでサイリウム振る場面がきたら!!
ああ、純粋じゃないや。ダメだ。


今日の映画、やっぱ最後は全プリキュアで攻撃を止めて、
「ああダメだ、それでも押される…」ってなったのを、
「今までありがとう」ってなって消えていく展開をマジな演出でやってたら、
たぶん超大作になってた。

henyo
2013/07/23(Tue)

殺人事件と、閉じ込められた理由を組み合わせたら、最高になりうる

「ダンガンロンパ」3話を見てきた。
なんかたぶん、ゲームに忠実な演出をしてるんだろうなって思った。
でも、ゲームの方がグロいんだろうなって。

推理物として売れたというよりは、理不尽な非日常に強制的に叩き込まれる、
その設定で話題になったゲームなんだろうなって感じた。
推理というよりはおそらく、単純な話をテンポよく論破していって楽しむゲームなんだろう。
ゲームは楽しそうだけど、アニメであの表現されても正直盛り上がりに欠けた。
罰を受けるシーンもテイスト変わったけど、ああそんなもんかって。

期待が大きすぎたかな?
それとも、ありえないほどグロいと思ってた?
ハンターハンターのほうが、ビビるぐらいグロかったわ。

そこはまだいいけど、推理物としてはちょっと許せないレベルかな?
まず証拠が証拠になってないし。
1話の限りでは、伏線とも呼べないほどの要素を、想像通りに拾っていっただけだったな。
めっちゃ酷評だけど、めっちゃ期待してるからこそ書いてる。
そもそもアニメを途中で取り上げる時点で、他のアニメとは自分の中で一線を画してるってことだから。

ただね、「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」
こっちの方が、正直ビビった。
リアルでゾクっとしたのは、久しぶりな事件だ。

henyo
<<前のページ 次のページ>>

プロフィール

LOKI&henyo

Author:LOKI&henyo
更新頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
animation (24)
diary (129)
game (45)
information (6)
movie (13)
yu-gi (2)
action (10)
SF (5)
mystery (3)
drama (9)
comedy (3)
serious (3)
horror (6)
draw (3)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。